注目の記事 PICK UP!

A.I. Artificial Intelligence (字幕版)を久しぶりに観た感想 ※ネタバレ

A.I. ARTIFICIAL-INTELLIGENCE映画ネタバレ感想

2001年公開の『A.I. Artificial Intelligence (字幕版)』を久しぶりに観ました。公開当時に映画館で観たんですが、その時の感想は「子役の子の演技がものすごくウマイ!」ということと「そのうちそんな時代もくるかもね」くらいにしか思ってなかったです。
ですが今回は「AI」が割りと身近な物になりつつある現状や、以前レビューした『エクス・マキナ(EX MACHINA)』などアンドロイドやロボットなどの「AI」モノ映画・ドラマを最近よく観ていたことなどもあり、いろいろと思うところがありました。

普段は映像に集中したいので吹替版を観るんですが、Amazonプライムビデオには吹替がなかったのと、英語に慣れるためにも字幕版を仕方なく視聴しました。
(レンタルや購入には吹替版もあります。)

『A.I. Artificial Intelligence』あらすじ

故スタンリー・キューブリックが長年温めてきた企画をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したSF人間ドラマ。近未来、人類は生活のあらゆる場面で“メカ”と呼ばれるロボットの世話を受けていた。”愛”をインプットされた少年型ロボット、デイビット。彼を試験的に養子に迎えたスウィントン夫妻は、愛情深いデイビットをいつしか本当の子供のように思い始める。しかし、不治の病に冒されていた実子が奇跡的に回復し、デイビットは居場所を失ってしまう。母モニカに愛されたいデイビットは、人間になる方法を求めて旅に出る。
出典:Amazonプライムビデオより

『A.I. Artificial Intelligence』作品詳細

『A.I. Artificial Intelligence』の公開日・再生時間・監督・キャスト・映画サイト評価など作品詳細は下記の通りです。

公開日

日本では2001年6月30日に公開された映画です。16年経って改めて観ましたが、設定はまだまだ近未来を感じさせる映像になっています。

再生時間

再生時間は2時間25分です。ハラハラドキドキワクワクするタイプの映画ではないので、途中で2度寝てしまって見直しました(笑)。
決して内容が面白くなかったからではないです^^;

監督

A.I. ARTIFICIAL-INTELLIGENCE映画ネタバレ感想
スティーヴン・スピルバーグ。
スピルバーグ関連の映画で最近最も印象に残った映画は、スピルバーグが製作総指揮を務めた、クリント・イーストウッド監督の映画『ヒア・アフター』です。マット・デイモンが霊視することに嫌気が差してしまった才能のある霊能力者である主人公を演じ、「生と死」について考えさせられる映画でした。

キャスト:デイビッド

A.I. ARTIFICIAL-INTELLIGENCE映画ネタバレ感想
主人公である、”愛”をインプットされた少年型ロボット・デイビッドを演じたのは「ハーレイ・ジョエル・オスメント」。「フォレスト・ガンプ/一期一会」や「シックス・センス」で抜群の演技力と愛らしい顔で当時人気の子役でしたね。
あの愛らしい顔は今では…
A.I. ARTIFICIAL-INTELLIGENCE映画ネタバレ感想
面影はバッチリ残っているものの、なんとも普通の人になりました。「天才子役」も大きくなればただの人。一応役者も続けており「タイム・チェイサー」という2013年公開の映画では、10年ぶりに主演もしていたんですね。今度見てみよう。

タイム・チェイサー(字幕版)
(2015-07-03)
売り上げランキング: 67,015

キャスト:ジゴロ・ジョー

A.I. ARTIFICIAL-INTELLIGENCE映画ネタバレ感想
女性を悦ばせるために作られた男性型セックス・ロボットのジゴロ・ジョーを演じたのは「ジュード・ロウ」。若かりし頃は超イケメンだった彼も、見事にハゲあがりましたが、それでも僕が割りと最近の観た「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」でも存在感のあるいい雰囲気を醸し出してました。

キャスト:モニカ・スウィントン

A.I. ARTIFICIAL-INTELLIGENCE映画ネタバレ感想
母親モリカ・スウィントン役は、「フランシス・オコナー」。この映画以外に、この女優さんが出演している映画やドラマを僕は見たことがないようです。
犬や猫を「飽きちゃったから」という理由で平気で捨ててしまいそうな母親でしたね。まぁデイビッドを「飽きたから」という理由で、森に置き去りにした訳ではないし、ラストでは「ずっと愛していた」と言ってましたが…

キャスト:その他

主な出演陣の他にも、Dr.ノウの声に「ロビン・ウィリアムズ」や、ブルーフェアリーの声には、トランプ米国大統領に「ハリウッドで最も過大評価された女優の一人」とこき下ろされた「メリル・ストリープ」が出ています。

映画サイトの評価は?

Yahoo Japan映画:★3.56
映画.com:★3.4
Amazonビデオ:★4.5
意外と?評価は低い気がします。僕は「AI」「アンドロイド(ロボット)」という近未来な題材が好きなので評価をあまり気にせず、16年ぶりに観る気満々でみましたけど^^;

『A.I. Artificial Intelligence』ストーリー(ネタバレ)

地球温暖化が進んでしまい、海に近い土地は海の中へ沈んでしまった時代。日本は真っ先になくなってそうな雰囲気の近未来が舞台。
地表が少なくなってしまったために、まるで中国の一人っ子政策のような、妊娠と出産に厳しい許可制度がしかれている。
その為、人間の代わりに多くの資源を必要としないロボットが身近に存在する世界になっている。

人間と同じ「愛」を持つ少年型ロボットとして開発されたデイビッドは、彼を製作したロボット製造会社の社員ヘンリーとその妻モニカの元へ試験的に送られる。
夫妻には、不治の病で現在は冷凍保存されている、実の息子のマーティンがいるのだが、目覚める保証はない。
最初はデイビッドを受け入れられずにいたモニカだが、次第に打ち解けついにデイビッドの中にあるプログラム「愛」を起動する。
起動する直前までは「モニカ」と呼んでいたデイビッドだが、起動後は「マミー」と呼ぶようになった。
起動させたモニカを永遠に愛するよう、元々変更がきかないようにプログラムされたデイビッド。

しかし、しばらくすると実の息子マーティンが奇跡的に病を克服して冷凍催眠から目覚め家に戻ってくる。
このあたりで最初に寝たな^^;

実の息子が戻ってきてからのモニカは、当然といえば当然なのだが、デイビッドよりもマーティンに愛情を注ぐようになる。
かといって何かデイビッドに冷たく当たったりということがあるわけではないのだが。

ある日、マーティンとマーティンの友達、それとデイビッドがプール遊んでいる最中に事件が起こる。
マーティンの友達の一人のクソガキが、デイビッドをロボットであることを確認しようと腕に刃物を突き立てようとする。
怖がったデイビッドはマーティンの後ろに隠れ、マーティンにしがみつき後ずさりしていく。そしてそのままプールへ…
マーティンは溺れ、一時呼吸が止まってしまう。
完全にクソガキのいたずらで引き起こされた事故だったのだが、それを知らない夫妻はデイビッドをロボット製造会社へ返すことを決める。

モニカと二人でドライブできることを喜ぶデイビッド。
その喜ぶ姿と会話に耐えられなくなり、ロボット製造会社へ向かう途中の森の中でデイビッドを降ろすモニカ。
「会社やロボット廃棄フェアには近づかないで」
と忠告をしデイビッドを置き去りにする。

「僕、ピノキオのように人間になるから置いて行かないで!」
ここからデイビッドの人間になるための旅が始まる。

デイビッドは、再び母に愛されるために、友達の熊ロボットのテディ、森で出会ったセックス・ロボットのジゴロ・ジョーとともに旅をする。
様々なトラブルに遭いながらも、デイビッドはただひたすら「ピノキオのように人間になりマミーに愛されたい」一心でブルーフェアリーを探す旅を続け、ついに海底に沈んでいるブルーフェアリーを見つけ出す。
ブルーフェアリーに「どうかお願いです。僕を人間にしてください。」とずっと祈り続けるデイビッド。
時が経ち、やがて海は氷に閉ざされてしまい意識を失うその瞬間まで彼は祈り続ける。

それから2000年が経ち、地球は厚い氷に覆われた不毛の大地に変貌を遂げていた。
海底で機能停止していたデイビッドは、より進化した宇宙人のようなロボットたちに発見回収され、再起動される。

デイビッドは彼らに歓迎され、願いを1つ叶えてもらえることに。
願いはもちろん、モニカを愛し、愛される日を過ごすことを望む。

しかし、技術が進化したその世界でも、再生されたクローンはたった1日しか一緒にいられない。
それでもデイビッドの願いを尊重した宇宙人みたいなロボットたちは彼の願いに応える。
デイビッドは母の愛にあふれた暖かで、最高に楽しい1日を過ごし、最後は最愛の母の隣で人間と同じように眠りにつくのだった。

『A.I. Artificial Intelligence』感想

「人間はいづれ人間を作り出せるんじゃないか?」
「いや実は人間って人間が作り出したんじゃ?」
「内臓も機械じゃなく本物そっくりに作ることができるようになるんじゃ?」
「人間だけが神を持つ。今を超える力、「可能性」という名の内なる神を」 by カーディアス・ビスト

なんてことを常に頭の片隅で思いながら観ていました。
エンディングも「デイビッドよかったね!お母さんに愛されて最後を迎えることが出来て!」と泣くべき?
いまいち感情移入できなかったのと、なんか納得いかない気持ちが残ってしまったんですよね~。

公開当時観た時は、薄っぺらい感動と、遙か先の未来のこととしか思わなかったように記憶してるんですが、今のAIの発達ぶりや、各企業のロボットとAIへの取り組みをみると、そう遠くない未来に実際に起こりうることとして観てしまい、感動はどこかにいってしまいましたよ(´・ω・`)

個人的採点はストーリー★3.6。
もうすぐそこの未来をうまく表現しているという意味では★4.2。
総合★3.8くらいです^^
無駄に長い記事を最後までご覧いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!してくださるとうれしいです(^▽^)

Twitter で

関連記事

  1. イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(吹替版) 感想

    『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』コンピュータの生みの親と言われるアラン・チュー…

  2. 昭和元禄落語心中シーズン2 助六再び編

    Amazonビデオに『昭和元禄落語心中 シーズン2 – 助六再び編 -』がない?!観る…

  3. アマゾンアソシエイト

    Amazonアソシエイトがリニューアル!どこが変わった?

  4. amazon go アマゾンゴー

    「Amazon GO(アマゾンゴー)」レジなしストア!日本でのオープンはいつ?コンビニも同じシステム…

  5. 昭和元禄落語心中

    大人にオススメのアニメ『昭和元禄落語心中』 第2期が2017年1月スタート!再び「林原めぐみ」×「椎…

  6. SMS詐欺

    アマゾンやDMMを騙ったSMSが増加中!対応策は?

  7. クリスマスプレゼント購入に最適!今年も始まるAmazonサイバーマンデー!

  8. アマゾン求人

    アマゾンジャパンの在宅勤務カスタマーサポート求人ってどんな?アップルは?

  9. エクス・マキナ 意味レビュー

    エクス・マキナ(EX MACHINA)の意味を考えながら観てみた映画レビュー!エクス・マキナ(EX …

コメント

  1. いや~素晴らしい!完璧な映画レビュー記事に感服です。
    映画ブログでやっちゃいますか?
    ハーレイ・ジョエル・オスメント・・良い子役だったけど・・現在は完全にB級の容姿(笑)
    ジュード・ロウもおっしゃるとおりに禿げあがっちゃいましたね(笑)

      • gadgetjet
      • 2017年 2月 01日

      懐かしくて観てみたら、意外と書きたいことがあって長くなってしまいました^^;
      ハーレイ・ジョエル・オスメントは当時本当天才子役だなぁと思ってみていました。
      A.Iもですが、フォレスト・ガンプやシックスセンスの演技はすごく記憶に残ってます。
      ジュード・ロウ。。。A.Iの頃は超絶イケメンなんですけどねw

  2. ハーレイ・ジョエル・オスメントもジュードロウも変わりようがすごいですね。(笑)
    とくにハーレイさんは、子役の時がうちの息子に似てて親近感がわきました。しかし、うちの子どもも十数年後には…

      • gadgetjet
      • 2017年 2月 02日

      ハーレイ・ジョエル・オスメントは太ったのもあってかなりイケてない大人になりましたね^^;
      息子さん似てるんですねw
      メタボ対策必須かも?!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

GadgetJet Twitter

GadgetJet Google+

PAGE TOP