注目の記事 PICK UP!

デジハリ「Adobeマスター講座」ライセンスコード到着!社会人が学生向けAdobe CCプランを使い倒す!

Adobe CC

デジハリ「Adobeマスター講座」ライセンスコード到着が到着した。

2017年9月22日の夜に申し込んで、ライセンスコードが到着したのは9月27日。

5日程で到着。意外と早かった。

これで社会人でも学生向けAdobe Creative Cloudコンプリートプランが使えるようになる。

デジハリ「Adobeマスター講座」を申し込む経緯はコチラ↓

デジハリ「Adobeマスター講座」で社会人でも学生向けCreative Cloudコンプリートプランを使える!

アドビCreative Cloudコンプリートプラン

デジハリから届いた内容物は至ってシンプル。簡単な解説書1枚とAdobe Creative Cloudコンプリートプランのライセンスコードの記載されたカードのみ。

アドビCreative Cloudコンプリートプラン
事前に届いたEメールに記載された郵送物配送状況を見てみると郵送元は沖縄から。

デジハリ「Adobeマスター講座」のライセンスコード入力

アドビCreative Cloudコンプリートプラン
早速、Eメールに記載されているURLからAdobeのサイトへ飛んで、ライセンスコードを入力。

Adobeのアカウントを持っていない方は、新規登録してアカウントを作る必要がある。

僕は以前、Photoプランを申し込んでいてAdobeのアカウントを持っていたので、ログインしてライセンスコードを入力。

アドビCreative Cloudコンプリートプラン
ライセンスコードを入力し終わると、自動更新のためのカード情報などの支払情報の登録を促される。

有効期間は1年なので、ここでカード情報を入力してしまうと、翌年から通常のAdobe Creative Cloudコンプリートプラン料金(年額59,760円 / 月額4,980円)を取られてしまう恐れもある。

翌年も継続してデジハリ「Adobeマスター講座(年額30,980円 / 月額2,581円)」から申し込むつもりなので、Adobe側の自動更新は設定しない

小さく書かれた「自動更新を設定しない」をクリック。

アドビCreative Cloudコンプリートプラン
全ての入力が終わると「今すぐ始める」ボタンが表示されるのでクリック。

アドビCreative Cloudコンプリートプラン
「Creative Cloudアプリケーションを開く」ボタンが表示されるのでクリック。

アドビCreative Cloudコンプリートプラン
「Creative Cloud(URIHandler)を開きますが?」とポップアップが表示されるので「Creative Cloud(URIHandler)を開く」をクリック。

アドビCreative Cloudコンプリートプラン
Creative CloudアプリをPCにダウンロード済みの場合は、Creative Cloudアプリが立ち上がるので、ログインIDとパスワードの入力。

アドビCreative Cloudコンプリートプラン

アドビCreative Cloudコンプリートプラン

アドビCreative Cloudコンプリートプラン

Creative Cloudアプリにログインできた。

現状、僕のPCにダウンロード済みなのはPhotoshop CCとLightroom CCのみ。

他のAdobeアプリもインストールできるようになっている。

全部で24アプリ。

これで晴れて学生としてAdobeのソフトを使える。

Creative Cloudコンプリートプランでインストールしたもの

僕がインストールしたのは、illastrator CC、Premiere Pro CC、After Effects CCの3つ。

これまで、動画の編集はCyberLinkのPowerDirectorシリーズを使ってきたが、今後はPremiere Pro CCとAfter Effects CCを使ってみようと思う。

また1から勉強だ。

illustratorはCS2をずっと使っていたが、これからはCCに乗り換え。

やりたいことはPhotoshopで大体事足りるが、たまにイラレのが楽に作れそうなものとかあるから入れておいて損はない。

あとがき

個人でAdobe Creative Cloudコンプリートプランを申し込んでいる方は、合法的に学生プランを利用できるので通信教育がおすすめ。

僕のようにクリエーターでもデザイナーでもないのにコンプリートプランを使いたがる人はそう多くはないだろうけど(笑)

しかし、フリーでクリエーターやデザイナーをしている方も、是非この方法で使ってみたらいいのではないだろうか。

もちろんすでに実践している方も多いだろうけど^^;

この記事が気に入ったら
いいね!してくださるとうれしいです(^▽^)

Twitter で

関連記事

  1. Photoshopでシネマグラフ!思わず見入ってしまう参考画像編

  2. Photoshopで動画作成編集

    Photoshopでオープニング動画を作る方法

  3. Adobe CC

    Adobe CCを学生価格で使いたかったので通信教育に申し込んでみた【通信教育比較】

  4. Photoshopでシネマグラフを作ろう!Photoshop初心者でも簡単!

  5. ポケモンGOポケボールオリジナルPhotoshop

    Photoshopチュートリアル動画チャンネル4選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

GadgetJet Twitter

GadgetJet Google+

PAGE TOP