注目の記事 PICK UP!

LINEの誤爆メッセージ削除機能はいつから?

70歳を過ぎた僕の母親ですら使っているLINE。

LINEでメッセージを誤爆してしまった経験がある方も多いだろう。

LINE調べでは、LINEのメッセージを誤って送信した経験がある人は全体の83%にものぼるという。

Photo:linecorp.com

待望のメッセージ削除機能は2017年12月以降に実装される。

これまでのLINEは、自分のトークルームからメッセージを削除することはできたが、間違って送信した相手側には残ったままだった。

しかし今後は、24時間以内に送信したメッセージであれば、相手側のトークルームからも削除することができるようになる。

この24時間という時間制限などについては、今後のユーザーの反応などを見て変更になる可能性もあるとのこと。

「送信取消」機能の実装を前に、2017年11月16日(木)~24日(金)のまで、『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーンが開催されている。

『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーンって?

LINE誤爆

Photo:linecorp.com

『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーンは、LINEを誤送信した体験談(黒歴史)をユーザーから募集し、LINEの黒歴史のトップである『Best of #LINE誤爆』をみんなで決定するオンライン上のお祭り。

【実施場所】
キャンペーンサイトLINE公式Twitter

【実施期間】
2017年11月16日(木)~11月24日(金)

【投稿方法】
LINEで投稿する方法とTwitterで投稿する方法の2種類。
①LINEのLINE公式アカウントをフォローして、キャプチャー画像やエピソードをハッシュタグ「#LINE誤爆」をつけてタイムラインで投稿。
LINE公式Twitterをフォローしてキャプチャ画像やエピソードを、ハッシュタグ「#LINE誤爆」をつけてTwitterに投稿
③エピソード投稿する際にこちらのテキストを使うと便利。

【ここにエピソードを入力してね】

#LINE誤爆
https://campaign.line.me/bf/?utm_source=LTW

【概要】
募集作品の中から、LINE選考委員会に選ばれた優秀作品20作品が、11月24日(金)10時30分にキャンペーンサイト内の黒歴史の殿堂「BLACK SHOWROOM」に掲載される。
11月24日(金)10時30分~11月25日(土)10時29分の期間、LINE公式Twitterの優秀作品5作品のツイートに対して、24時間限定リツイート投票。

【プレゼント】

  • 「Best of #LINE誤爆」に選ばれた1名には、特製サプライズブラックボックスがプレゼントされる。
  • 優秀作品に選ばれた20名には、LINEポイント1万ポイント。
  • リツイートで投票した人の中から抽選で100名に、LINEギフトコード1,000円分をプレゼント。

LINE誤爆メッセージ削除のデメリット

そもそも相手が既読してしまったメッセージを削除できても、あまり意味がない場合もある。

浮気相手に送るつもりのメッセージを、嫁や彼女、旦那や彼氏に送ってしまい、すでに読まれてしまったら消そうが取り消そうがもう元には戻れない。

嫌いな人の悪口を本人に送ってしまったりした場合も同様だ。

そして僕が一番危惧しているデメリットは、いじめについてだ。

グループLINEによるいじめが表面化して久しいが、いじめっ子がいじめられっ子を罵倒しているような証拠となるメッセージが削除される恐れがある。

また、LINEを使った犯罪も、まだあまり表には出ていないが、実際に行われている可能性があり、そういったことについても同様だろう。

ベッキーにとっては、もっと早く機能を追加して欲しかっただろうけどw

あとがき

老若男女が使っているだけあって、誤送信も相当多かっただろうから、またひとつ便利な機能が追加されることになる。

個人的には誤爆しても「間違えたwwゴメン」で済ませるからあまり必要ない機能。

どちらかと言うと悪いことをしている人が得をしそうな機能になってしまうんじゃないかと思うのは気のせいか?

この記事が気に入ったら
いいね!してくださるとうれしいです(^▽^)

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. どんなものでも楽器になるガジェット「MOGEES」
  2. アマゾンアソシエイト画像拡大 Amazonアソシエイトで作成したリンク画像のサイズを大きく変更する方法
  3. ソニーニューススイートキャンペーンでプレステVR当たる ソニーのニュースアプリ『ニューススイート』iPhone版配信記念キャンペーンで『…
  4. Googleスピードテスト 自分のブログがどの程度モバイルからの閲覧に適しているかGoogle先生に調べても…
  5. Loctek(ロックテック) 多関節デュアルモニターアーム D1D 複数モニターを快適に!Loctek(ロックテック) 多関節デュアルモニターアーム…
  6. 海外通販ショップ「GearBest」から商品が届いた!
  7. Googleストリートビュー Googleストリートビューで行ってみたいところに行ってみた
  8. XperiaXZ SO-01J Xperia XZ(SO-01J)を入手!おまけでdtab Compact d0…
  9. アマゾンアソシエイト Amazonアソシエイトがリニューアル!どこが変わった?
  10. YouTubeの広告消す方法 YouTubeの広告を非表示にしたい!【PC / Android / iPhon…

人気記事

  1. Siriのほうが上グーグルアシスタント
  2. YouTube Kids(ユーチューブキッズ)
  3. docomo2017夏スマホ
  4. Xperia Touch エクスペリアタッチ
  5. Abema kameda
  6. ドコモ2017年夏新機種
  7. アップル風フィッシングメール
  8. カール販売終了
  9. 洗濯物折りたたみロボット ランドロイド
  10. スマホ版みんゴル
  11. 旦那デスノート
  12. Googleスピードテスト
  13. アマゾン求人
  14. 3Dアート アイアンマン

GadgetJet Twitter

GadgetJet Google+

PAGE TOP