ワンオクとアヴィリル

ライフスタイル 音楽

ONE OK ROCKのアルバム『Ambitions』海外盤にある「American Girls」がアヴィリル・ラヴィーン過ぎて萎えた

2017-02-04

ONE OK ROCKのアルバム『Ambitions』についてアレコレ

ONE OK ROCKのアルバム『Ambitions』を発売日当日に買ったので、レビューしようかどうしようか迷った末に書かずにいました。
理由は、諸手を挙げて「すごくいいよ!おすすめのアルバムだよ!」と言う気にはなれなかったから。
諸手を挙げておすすめできない理由のひとつは、ONE OK ROCKというバンドのアルバムというよりはtakaのソロアルバムっぽい感じがするから。
もうひとつ上げるとすれば、各所で言われている通り、これまでのONE OK ROCKのアルバムと違って海外をより意識して作られたアルバムのため、日本語歌詞も少なくなっていて、テンションが上がるような曲が少ないと感じたから。

とは言うものの毎日聴いてます。
1番の理由はtakaの声と歌のウマサ。
次の理由は、以前ハードリピートしていたAvril Lavigne(アヴィリル・ラヴィーン)とのフューチャリング曲もあるから。

しかし先日YOUTUBEで公開された、『Ambitions』海外盤にある「American Girls」のミュージックビデオを見て萎えました。

曲がまんまアヴィリルじゃねーか!

Avril Lavigne(アヴィリル・ラヴィーン)知らない世代にとっちゃそりゃいい曲でしょうよ。
だって…アヴィリルっぽいもの。
だがな…いくらtakaが歌っていても、Avril Lavigne(アヴィリル・ラヴィーン)をハードリピートしていたことがある(今もたまにする)オッサンにとっては、
「この曲アヴィリルが歌ったらもっとハマるんじゃね?」
って思えちゃうんだよな~(´・ω・`)

まぁ明日もアルバムは聴きますけどね。

中年のためのONE OK ROCK解説

おじさん、おばさん、おじいちゃん、おばあちゃんにワンオクについて一番簡単に説明する言葉は
「森進一と森昌子の長男の森内貴寛がボーカルをやってるバンド。ちなみに元ジャニーズでNEWSってグループの初期メンバーだよ。」
です。
[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/ONE_OK_ROCK”]

ONE OK ROCKニューアルバム『Ambitions』情報

ONE OK ROCKの8thアルバム

『Ambitions』国内盤
【初回限定盤】CD+DVD
AZZS-56/¥3,500(税別)

【通常盤】CD
AZCS-1062/¥3,000(税別)
1. Ambitions - Introduction -
2. Bombs away
3. Taking Off ※映画"ミュージアム"主題歌
4. We are ※NHKサッカー・テーマ
5. 20/20
6. Always coming back ※NTTドコモ"感情のすべて/仲間"編CMソング
7. Bedroom Warfare
8. Lost in Tonight
9. I was King
10. Listen (featuring Avril Lavigne)
11. One Way Ticket
12. Bon Voyage
13. Start Again
14. Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)
 
[初回限定盤DVD]
Studio Jam Session Vol.3
「We are」
「Bombs away」

『Ambitions』海外盤(INTERNATIONAL VERSION)
1. Ambitions
2. Bombs away
3. Taking Off
4. We are
5. Jaded (featuring Alex Gaskarth)
6. Hard to Love
7. Bedroom Warfare
8. American Girls
9. I was King
10. Listen (featuring Avril Lavigne)
11. One Way Ticket
12. Bon Voyage
13. Start Again
14. Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)

この記事が気に入ったら
いいね!してくださるとうれしいです(^▽^)

Twitter で

-ライフスタイル, 音楽
-, , ,

Copyright© ガジェットジェット ┃ GADGETJET , 2019 All Rights Reserved.